【2月補正分】令和3年度(2021年度)ものづくり産業等デジタル化推進補助金の2次募集

熊本県のHPから引用

補助対象事業

生産現場等の省人化や出勤者の抑制といった新型コロナウイルス感染症対策をはじめ、生産性向上(注1)や製品・サービスの高付加価値化などを目的として補助事業者が行う、AI、IoT、R P A、クラウドサービス等のデジタル技術導入のための機器等(注2)の整備を補助対象事業とします。

【デジタル技術の例】
・膨大なデータを処理、分析することができる(AI等)
・手作業が自動化できる(画像認識、RPA等)
・リアルタイムに可視化することができる(IoT等)
・ロボット技術を活用し業務を効率することができる(ロボット等)

補助対象者

県内に事業所・工場を有する製造業等事業者であって、次の要件を満たすものとします。

<要件>
令和2年(2020年)4月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高又は合計営業利益が新型コロナウイルス感染症拡大前(2019年又は2020年1月~3月)の同3か月の合計売上高又は合計営業利益と比較して5%以上減少した企業

補助率及び補助金額

補助率:3分の2以内
補助限度額:500万円(下限50万円)

応募手続き

(1)応 募 先 熊本県商工労働部産業振興局産業支援課
(2) 募集期間 令和4年(2022年)7月12日(火曜日)~令和4年(2022年)8月12日(金曜日)午後5時必着
(3) 応募書類(以下、原本3部)
・ものづくり産業等デジタル化推進補助金(2月補正分)交付要望書(補助事業計画書等)
・導入する機器等の参考見積書など金額が確認できる資料
・導入する機器等の概要が確認できる資料
・直近2期分の決算書
・企業概要(パンフレット等)
・売上高減少の要件を満たすことが確認できる資料(確定申告書の写し、売上台帳など)
 ※その他、審査に必要と認められる資料の提出を求める場合があります
   
補助金交付要望書様式は、募集期間中に熊本県ホームページからダウンロードができます。